オンライントレーディングはギャンブルとみなされる?その驚きの理由は?

気まぐれに何かを賭けることが、ギャンブルの特徴ですが、トレーディングの行為を考慮に入れると、ギャンブルはその言葉が示すよりもはるかに複雑な動きをします。つまり、多くのトレーダーは、気づかないうちにギャンブルをしているのです。というのも、市場のパフォーマンスとは関係のない方法や目的でトレードしているからです。

本稿では、ギャンブルがトレーディングに浸透している目に見えない方法と、そもそも人がトレーディングをする(そしてギャンブルをする)動機となる刺激を見ていきます。

隠されたギャンブルの性質とは?

自分にはギャンブルの傾向がないと思っている人は、ギャンブルの衝動に駆られていることが判明した場合、喜んでその傾向があることを認めようとはしないでしょう。しかし、自分の行為の背後にある動機を理解することで、将来、さらに良い判断ができるようになるかもしれません。

トレーディングでのギャンブル癖について説明する前に、トレーディングを始める前から目に見える傾向を持っている人は多いです。トレーダーが専門知識を身につけ、頻繁に市場に参加するようになると、同じような動機が影響を与え続けるようになります。

ギャンブルに影響を与える要因

金融市場で活動するようになった人には、学習曲線があります。これは一見、ギャンブルのように見えるかもしれません。人によって、これが真実であるかどうかは異なります。金融市場で成功したトレーダーになるか、常にギャンブラーであり続けるかは、その人の市場への取り組み方によって決まるのです。

トレーダーのギャンブル志向を助長しているにもかかわらず、しばしば無視されているのが、次のような特徴です。

興奮欲しさにギャンブル(取引)をする

負けた取引であっても、特に社会的証明の観点から、力強さや充実感を感じさせることがあります。ある人の社会的サークルの全員が市場で損をしている場合、取引で損をすることで、その人は自分の話を会話のネタにできますよね。

スリルや社会的証明のために取引をする人は、体系的に検証されたものではなく、ギャンブル的なアプローチで取引をしている可能性が高いといえます。市場でのトレーディングは、多様なアイデア、背景、見解を持つトレーダーや投資家のグローバルなネットワークとつながるため、スリルがあります。しかし、トレーディングの「コンセプト」やスリル、感情的な高低差にとらわれ過ぎてしまうと、体系的で論理的な方法での運用から遠ざかってしまう可能性があるので、注意すべきでしょう。

まとめ

ギャンブル癖は、ほとんどの人が思っているよりもはるかに複雑で、従来の分類をはるかに超えています。ギャンブルは、社会的に自分を証明したり、社会的に受け入れられたりするように行動する必要がある行為と定義することができ、そのために自分の知らない分野で活動することになります。

市場トレーディングは主に、興奮や変動から得られる高揚感のために行われることが多く、感情の動きが揺さぶられるのを好む人がよく参加しています。最後に、感情や勝たなければならないという思いに固執されず、論理的に検証された戦略で取引を行う場合、その人は市場でギャンブルをしていることになり、長期的に成功する可能性は低いと考えられるでしょう。